注目の脳科学から見る幼児教室の気になる関係

注目の脳科学から見る幼児教室の気になる関係pict-167

皆さんは社会で成功する人間になるためにはどのような能力が必要だと思いますか?

脳科学の分野では「認知能力」「非認知能力」の2つが必要な要素だと定義されています。

【脳の仕組み】

pict-幼児教室 脳科学 分析

認知能力とはIQ、即ち知能指数のことです。

非認知能力とは学習意欲労働意欲といったやる気、または努力や忍耐等です。

脳は3歳くらいまでに成人の80パーセントに相当するレベルまで成長すると言われています。

その後ゆるやかに成長をし、思春期頃に若干発達し、大人と同じくらいの脳になるそうです。

早期教育に否定的な意見として、「小さいうちに教えても覚えられるわけがない」というものがあります。

しかし「3つ子の魂100まで」ということわざもあるように、昔から幼い子供に物事を教えると一定の効果があることは認められているのです。

脳科学では、認知能力と非認知能力をバランス良く育てることが大切だとしています。

【ヨコミネ式】

複数の保育園を経営していた横峯吉文氏が、独自に考案した教育法です。

プロゴルファーの横峰さくら選手の伯父にあたる方です。

その理念は「すべての子どもが天才である。ダメな子なんて一人もいない。」です。

ヨコミネ式では、子供が持って生まれたやる気と才能を開花させるために、読み・書き・計算以外の勉強をします。

運動の時間にレスリングを取り入れたり、音楽の時間ではピアニカ演奏を日課にしています。

教育方法がとにかくユニークで、取り入れている幼稚園がいくつもあります。

【くぼたのうけん】

夫の脳科学の研究を元に妻の久保田カヨ子さんが開発した「久保田式育児法」

自分の息子にもこの方式を実施し、息子を東大に進学させたという実績の持ち主です。
理念は「賢い脳を育てる」「頭のいい子を育てる」です。

これはただIQが高いというだけではなく、自ら考え、行動していく力を持った子を育てるということです。

知識を詰め込むだけではなく、五感に多くの刺激を与えることで脳を鍛えていきます。
生後2ヶ月の乳児から通えるコースを設けているのも特徴です。

 

ヨコミネ式、くぼたのうけんのいずれも、知識だけを詰め込むタイプの教育ではありません。

冒頭の認知能力と非認知能力を育成することに重点を置いたプログラムを組んでいます。

勉強ができることは大事です。

しかし難しい計算ができても、応用力だったり、やる気がなければ社会では活躍できません。

脳科学の考え方を取り入れた教育法は上記の2つ以外にもたくさんあります。

自分の通わせたい幼児教室がどのような教育方法を採用しているのかに注目してみるのも、幼児教室の選び方の1つではないでしょうか。

【脳科学医:澤口俊之先生】

pict-e59d7e76beb3404dc4ba02336fa037221

脳科学と言えば、人気TV番組「ホンマでっかTV」でお馴染みの脳科学者である澤口先生のこんな講演映像やマニュアルがママ達の間でブームになっています。

TV出演時と同じく、様々な「ウソ」「噂」に鋭くツッコミを入れています。

間違った認識で子供に教育する前に一度は見ておきたい内容ですね。

澤口俊之の幼児教育バイブル【3日間限定価格】



スポンサード リンク


→人気の幼児教室ランキング記事はこちら←

ページTOPへ

「幼児教室NAVI」TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ