海外も注目!実験データにみる早期教育のメリット

海外も注目!実験データにみる早期教育のメリットbeckman
早期に幼児教育を行った場合の効果について、アメリカでは1960年代から検証実験が行われてきました。

その実験結果を元に、ノーベル経済学賞を受賞したアメリカ・シカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授はこう分析しました。

「就学前の教育の有無が、将来教育的あるいは経済的な差に繋がる」この発言の裏づけとなった根拠についてみていきましょう。

【幼児教育の効果に関する実験】

perie1

実験の名前は「ペリー就学前計画」

対象者は年齢3~4歳、アフリカ系アメリカ人、経済的に恵まれていない家庭という共通点のある子供達。

この子供達を2つのグループに分け、片方のグループ(A)に属する子供には約2年間にわたり終日学校教育と家庭教師による指導が施された。

もう片方のグループ(B)には。何の指導も行わなかった。

この子供達の経済状況や生活の質を、その後約40年にわたり追跡調査した。

そしてAグループとBグループの子供達を比較したところ、Aグループの方が年収が高い、持ち家率が高い、生活保護世帯が少ないという結果が出た。

perie

【ヘックマン教授の考察】

この実験結果から、ヘックマン教授は以下の考察を行いました。

  • 早期に教育を行うことにより、子供達の人生がより良いものになる可能性が高くなる
  • より良い人生を歩む者が多い社会では、犯罪対策費等の社会問題にかかる費用が少なくて済む
  • より良い人生を歩む者が多い社会では、年収が高い者も増えるため、税金の収入が多くなる
  • ペリー就学前計画のコストで計算した場合、費用1ドルに対して7倍以上のリターンがあった
  • 脳科学の研究では、3歳頃までに脳が出来上がるという報告がある→即ち、早期に教育という投資を行えば高い効果を得ることができる

【幼児教室に通う意義】

幼児のうちから教育を始めることに否定的な意見の方もいますが、少なくともこの実験でヘックマン教授の分析から、早期に教育を開始することで一定の効果があると分かりました。

注意しなければならないのは、幼児教室に通う=絶対効果が立証されるものではないということです。

幼児教室に通わなくても読み書きができる子はいるでしょうし、幼児教室に通っているからといって誰しもが英語をペラペラ話せるようになるわけではありません。

本人のやる気や努力で、結果が左右される面もあります。

親ができることは子供の将来をより良いものにする可能性を上げるために早期に教育を開始すること、そしてそれが長く続くようモチベーションを維持させることではないでしょうか。



スポンサード リンク


→人気の幼児教室ランキング記事はこちら←

ページTOPへ

「幼児教室NAVI」TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ