将来は必須!?幼児教室で学ぶ英語の効果

将来は必須!?幼児教室で学ぶ英語の効果kodomo_kyoushitsu_eigo

英語の幼児教室と聞くと、「日本語も話せないうちから英語なんて・・・」と思う方もいるでしょう。

しかし、赤ちゃんはお父さんやお母さんの話す言葉を聞いて、じょじょに覚えながら言葉を発するようになるのです。

幼いうちに英語に触れておくことで、英語を聞く力を身につけ、ゆくゆくはそれが英語を話す力に繋がっていきます。

幼児教室では日本語講師コースだけでなく、外国人講師コースを設け、1歳前からでも英語デビューできるように教室を開いています。

【幼児教室で学ぶ英語の内容】

年齢別に教室・コースが別れています。一例をご紹介します。

0歳児と1歳児は、英語に親しむことから始まります。

お母さんと一緒に英語の歌を聞いたり、手足を動かしてみたり、とにかく英語に慣れさせていきます。

2歳は日常でよく使える言葉をレッスンに取り入れていきます。

簡単な挨拶なら英語でもできるように指導します。

3歳は自分の気持ちを口で表現するようになる時期ですから、レッスンも英語で自分の気持ちを伝えるという指導が始まります。

この頃には、英語特有のイントネーションもマスターできるようになります。

【幼児教室で学ぶ英語の効果】

自宅で英語のCDやを幼児向けの英語のTV番組を流しているだけでは、英語は身につきません。

集中して聞かなければ、効果がないのです。

教室という普段とかけ離れた環境に身を置き、先生と向き合ってレッスンすることでこそ英語は身につくのです。

受験勉強でも「文法は分かるけれども、リスニングは苦手」という学生が多いです。

その原因は聞く力が不足しているからという事はご存知でしょうか。

聞く力は一朝一夕では育てることは難しいものですから、幼児教室で土台を作っておけば会話や英語の聞き取りに効果が期待できます。

英語を学ぶのは子供だけではない

英語を学ぶうえでは、一緒にレッスンに参加するお母さんの存在が欠かせません。

お母さんは、子供を安心させたりなだめたりするためにレッスンに参加しているのではありません。

子供と一緒になって参加してもらうのは、体験を共有するだけではなく、自宅でお母さんと一緒に復習できるようにするためです。

反復することで、自然と日常に英語が取り込まれていきます。まさに「継続は力なり」です。



スポンサード リンク


→人気の幼児教室ランキング記事はこちら←

ページTOPへ

「幼児教室NAVI」TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ