幼児教育の無償化が平成27年度から開始予定!

幼児教育の無償化が平成27年度から開始予定!illust3854

平成27年度から開始予定の制度に、幼児教育の無償化というものがあります。

対象者は段階的に拡大される予定のため、今は関係ないと思っている人も数年後には自分がその対象になることもあります。

今のうちに制度や概要を理解しておくのが良いでしょう。

【無償化の目的】

政府は小学校に入る前の段階、幼稚園や保育園の段階で一定程度の教育を受けることを良しとしています。

小学校に入学してもじっと椅子に座っていられない、先生の話が聞けないという子が少なからずいるからです。

しかし、幼稚園も保育園も無料ではありません。

親の収入によっては通わせることができない家庭もいるのです。

そこで政府がこの保育料を補助することによって、全ての子供に小学校入学前に勉強をする機会を与えることが目的です。

【現在の幼児教育の制度】

現在殆どの自治体で実施されているのは、第3子以降の保育料を無料にするという取り組みです。

他には自治体独自で世帯の子供の数に関らず4歳~5歳の保育料を無料にするもの、保育料の補助金を支給するもの等があります。

現在の制度の問題点としては自治体の制度にばらつきがあることと、子供の数や年収によって制限があることが挙げられます。

幼児教育の無償化はこの問題点を解消する政策の一環として作られるようです。

【幼児教育無償化スタートに向けて】

平成27年度から対象となるのは、「年収360万円未満」の世帯に住む「5歳児」です。

全ての世帯、全ての年齢を対象にできるだけの予算確保が難しいことから、この条件からのスタートになるようです。

しかし平成32年までには全ての対象者を新制度に移行させたいという方針のようですから、現在妊娠中のママ達が幼稚園入園を考える頃には無償化は当たり前になっているかもしれませんね。

【幼児教育無償化と幼児教室】

同じ幼児教育でも、現在は幼稚園と保育園の無償化についての議論しか出ておらず、幼児教室の費用に何か補助があるかどうかは一切わかりません。

しかし、国が小学校入学前の教育に力を入れていることは明白です。

それだけ効果のあることだと国が認めているのです。

幼稚園や保育園に係る費用の負担が少なくなれば、余剰になった教育費を幼児教室にまわすことができます。

これまで以上に幼児教室、幼児教育が身近になっていくものと考えられます。

国は幼児期に子供の教育に予算をかけるのは、将来安定した国家、優秀な国家を手に入れるための先行投資です。

家庭でも同じです。

将来優秀な子供に育てるために、早期に教育費という投資をしましょう。



スポンサード リンク


→人気の幼児教室ランキング記事はこちら←

ページTOPへ

「幼児教室NAVI」TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ