感覚が養われる幼児教室で学ぶ音楽の効果

感覚が養われる幼児教室で学ぶ音楽の効果musician_organ

1歳が近づいてくると、赤ちゃんは音楽に合わせて手足をバタバタさせたり、リズムを取るようになります。

歩ける赤ちゃんであれば、全身を使ってクルクル回ったり、声を上げて喜んだりすることでしょう。

赤ちゃんが音楽に興味を持ち始めた頃に検討したいのが、音楽に関する幼児教室です。

ピアノで有名なヤマハやカワイのような音楽教室で、1歳児から学べる音楽コースが開催されています。(教室によっては、0歳児向けのコースもあります)

【幼児教室で学ぶ音楽の内容】

年齢別に教室・コースが別れていますので一例をご紹介します。

 

1歳児は、字の通り「音楽」音に楽しむことから始めます。

本物のピアノの音色に触れることができます。

2歳児は、スポンジのように物事を吸収する時期です。

リズムにあわせて動くレッスンをします。

またお友達と一緒にレッスンを受けることで社会性を養います。

3歳児は、音の美しさやわくわくした気持ちを全身で表現するレッスンをします。

遊びの中に演奏を取り入れて、楽器に親しみを持たせます。

これらを土台にして、4歳頃からピアノで「ドレミ~」と鍵盤を叩き始めるピアノレッスンが始まるのです。

【幼児教室で学ぶ音楽の効果】

人間の脳は左右に分かれており、左脳は論理的思考を、右脳は感覚を司ると言われています。

音楽は、この右脳に刺激を与えてくれます。

音楽は聴いて楽しむことは勿論ですが、音楽を使って自己表現ができる道具でもあります。

早期に表現に関する基礎をつけることで、感受性が豊かになるのに加え言語能力の発達に繋がります。

【幼児教室で学ぶ音楽の効果まとめ】

子供に音楽を習わせたいと思っている親御さんは多いでしょう。

ですが、ピアノが習えるような年齢になってからいきなりレッスンに参加しても、最初は嫌がったりお友達とうまく勉強できなかったりと、環境に上手く馴染めないことがあります。

今、音楽に関する幼児教室はリトミック教室も有名になってきていますから、早期に音楽に親しむことによって、子供さんが自主的に音楽に向き合えるような環境を整えてあげることが重要ではないでしょうか。



スポンサード リンク


→人気の幼児教室ランキング記事はこちら←

ページTOPへ

「幼児教室NAVI」TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ