幼児教室の種類と教育方法

幼児教室の種類と教育方法

kodomo_kyoushitsu

幼児教室の種類

幼児教室で学習する内容はリズム遊びやごっこ遊び等、受講する子供が小さければ小さいほど実施される内容は似通っています。

しかし、幼児教室にはその目的に応じて大きく3種類に大別することができます。

【知育の幼児教室】

知育とは、知能的な発達を育てることです。

文字や読み書きを習ったり、友達と一緒に遊ぶことで集団行動を学んだり、といった子供の知能や社会性といったものを身につけたい場合は知育系の幼児教室に通わせることになります。

【受験対策の幼児教室】

幼稚園受験、小学校受験対策のために通う幼児教室です。

子供には受験に必要な知能や運動能力を、保護者には面接指導やテクニックを伝授してくれます。

【運動系の幼児教室】

水泳、体操等身体機能の発展に特化した教室です。

柔軟性、敏捷性、チャレンジ精神など様々な力が磨かれます。

幼児教室の教育方法の紹介

更に幼児教室で取り入れられている考え方で、「○○メソッド」「△△式」といった言葉を聞いたことはありませんか?

一例をご紹介します。

【モンテッソーリメソッド】

元々は知的障碍児の治療に使われていた教育方法です。

日本では、子供の自主性を尊重することで潜在能力を開花させる、自立心を育てる教育方法であるとし、いかに子供が自由にできる環境を作るかを念頭に置いています。

【久保田メソッド】

頭の良い子供を育てる教育方法です。

ここでいう頭の良い子とはIQが高いという意味ではなく、環境に順応し、前向きに生きていける子供という意味です。

この方法を開発した久保田カヨ子さんの息子さんは1歳で2~3歳の発達に相当する3,000語を話し、東大にも合格される程優秀だったそうで、効果が実証されています。

【玉井式】

玉井式国語的算数教室という、10歳前の子供向けに実践されている教育方法です。

特徴はテキスト全体が物語風になっており、文章を読むために必要なイメージする力を身につけさせるレッスンを行っています。

この考え方を応用すれば、算数で文章問題を正しく読むことができるようになったり、図形問題では頭の中にその図形を思い浮かべながら解いたりできるようになります。

それぞれの幼児教室で考え方、プログラム、伸ばしていく能力などが違いますので自分が最適だと思う物、または「子どもが楽しそうに通える」なんて理由も大事になってきます。

 

トップページでは全国展開する幼児教室を人気順などで紹介していますので、見比べてみるのも良いかもしれませんね。



スポンサード リンク


→人気の幼児教室ランキング記事はこちら←

ページTOPへ

「幼児教室NAVI」TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ